« 営業日誌 | トップページ

高浜七年祭り

六年に一度の地元最大のお祭り、高浜七年祭が、今日6月30日から始まった。
地元をあげて長い時間と大変な労力をかけて準備された一大イベントが、いよいよ始まります。
神事として閉鎖的だったこの祭りも、前回、今回からは積極的に広報にも取り組むこととなって、初日の今日は、神社の境内は大変な人出でした。
ついでに、観光協会が営業しているレストランは満員御礼だし、観光協会の窓口にも大勢のお客様が立ち寄って下さいました。ありがたいことです。

そんなわけで、これから1週間、町内は祭り一色に・・・

ということになるかというと、実はそうでもないんですよね。
同じ町内でも、祭りの当事者である旧高浜地区以外では、ビックリするくらい関心がないという人も多い。
元々そういうのに関心が薄い人ではなく、部類のお祭り好き(に見える)町民でも、祭り自体見たこともないという方も少なくない。

そういう話を聞くと、改めて、祭りって基本的に当事者や関係者のものだと思う。
例えば自分や家族、知人の出番があるとか、自分の家が人手や土地を提供するとか、あるいは段取りや背景に詳しいとか、そういうことがなければ、基本、伝わりにくい。

地域の祭りなどを観光資源に活用する、なんて話を最近よく聞くけど、普通の人が楽しいと思えるモノか、そうではないかって、実は両者にはかなりの差がある。
事前の情報提供がきちんとなされているか、現地での案内ができているか、当日の飲食や休憩の場所があるか、駐車場はあるのか、観覧する環境があるのか、安全面は配慮されているのか、タイムスケジュールがある程度アテになるか、記念になるお土産などがあるか・・・などなど。

当事者から見て祭りそのものの値打ちが高いんだから、来て下さった客様は必ず喜んで下さるってものではないわけですね。

地方は自分たちのありのままを見て貰うことが観光資源になるんだとか、(地元の)自分たちが楽しいことが一番なんだ、なんて話をする人が居るけど、それってかなりの幻想が混じっているように思う。
やっぱり、誰かが気を利かせて、汗をかいて地道に受入体制を作ること、そして、そういう外堀を埋めるような役割を担う人や組織に対して地元が協力的であってこそ、はじめてお客様に楽しんでいただける状況になる。
いや、たとえ協力的でなくても、せめて足らないところばかりを指摘して批難攻撃するんじゃなくて、ちょっとでもよくなるように助言してくれたり、具体的に助けてくれたりという、そういうマインドが地元に少しでもないと、ほんと難しい。

もちろん、「秘境」とか「知る人ぞ知る」「あえて不親切」といった魅力もあるわけですが、そういうのを受入側が自分たちの都合だけで解釈してる場合もあったりする。

同じ町内で、祭り会場から車で5分もかからない所に住んで居る人の多くが、「興味持ったこともないねえ」なんておっしゃるのを聞くにつけ、いわゆる「地域資源」を活用することの難しさ、面白さを感じる今日この頃です。

|
|

« 営業日誌 | トップページ

観光のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209813/57694809

この記事へのトラックバック一覧です: 高浜七年祭り:

« 営業日誌 | トップページ