« 片田敏孝先生講演会 | トップページ | お彼岸の直売所 »

バンダイ ペンデルプリンセス

プラモデルの話題ですが。
いまやガンプラでブイブイいわせているバンダイさんが、昔出していた、1/16スケールの自動車シリーズが、とてもいい。
でっかくて、色んなギミックもついていて、ともかく作る人を楽しませてやろうという気持ちが、いかにもバンダイさんらしい。
といってもこのシリーズ、もう絶版になって久しく、たまに田舎の模型屋さんで誇りを被ったのを観るか、ヤフオクで見かけるくらい。何度か再販されている影響で、キットによって値段も見かける頻度もマチマチです。

そんなシリーズの中でも抜群に存在感があるのは、何と言っても蒸気自動車ペンデルプリンセスだという人は、私も含めて多いと思う。
蒸気自動車っていうこと自体、国産のプラモデルでは珍しいのと、なによりそのボリューム感がぐっとくる。
ごちゃごちゃとしたむき出しのメカも、男子なら必ず萌えるはず。

ということで自分でも何年か前に作ってみた。

Pendle_01

Pendle_08

Pendle_03

Pendle_05

キットが再現している車両は、ショーマンズエンジンといって、働く車というよりは、装飾をして見世物として使われたものなんですが、個人的な趣味で軍用車両っぽく作ってみました。あと、ホイルベースを短くしてあります。
第一次大戦なんかで、大砲の牽引してたり、大量の貨車を引っ張ったりしてるようなイメージですね。

ただ、車両はイギリスのギャレット社製なのに、傍らに立ってるのはドイツ兵で、スケールモデルとしての価値はゼロ。
何となく自分の作りたいものを作ったらこうなってしまったんですが、楽しかったので、まぁいいか。

|
|

« 片田敏孝先生講演会 | トップページ | お彼岸の直売所 »

模型趣味(その他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209813/55670076

この記事へのトラックバック一覧です: バンダイ ペンデルプリンセス:

« 片田敏孝先生講演会 | トップページ | お彼岸の直売所 »